mail_04_deco_bro.gifお問い合わせメールを送る

2016年05月22日

《技あり》Windows7の全エディションをインストールできるDVDを作成する方法

【2016/05/22更新】
DVD-Rの代わりにUSBメモリを使う手順を追記しました。


筆者自身、最近から動画編集の作業をやるようになってきたため、高速CPUが搭載されたノートパソコンを中古で入手しました。

IMAG0628.jpg


DELL Latitude E6500です。とあるパソコン修理屋で25000円で入手いたしました。

このシリーズの中では最高峰のCPUや4GBメモリを搭載したこのノートパソコンには、Windows7 Ultimateがインストールされていました。しかし、中古で買ったその時に入っていたものは32bit版で、4GBメモリをフルに活用できないのが難点でした。

DELLのサイトからドライバも引っ張れるし、どうせなら64bit版を入れてフルにメモリを活用しながら動画編集をしたいと考えました。
しかし、筆者自身が持っているWindows7のインストールディスクは残念ながら「Home Premium」のアップグレード版。「Ultimate」ではありません。

しかし、そのインストールディスクを利用して、全エディションのインストールを可能にしてしまうやり方が存在します。今回はそのメモ書きです。

■概要


手持ちのWindows7 Home Premiumのディスクの内容をパソコン上で少し加工し、下記の全エディションのインストールを可能にするディスクを作成していきます。

  • Windows7 Starter
  • Windows7 Home Premium
  • Windows7 Professional
  • Windows7 Ultimate


  • ※海外向けにはWindows7 Home Basicというエディションも提供されているようですが、日本向けには存在いたしません。

    ■用意するもの


    Windows7のインストールディスク
    どのエディションのものでもOKです(日本向けに提供されているものに限る)。
    ここではWindows7 Home Premiumのディスクを使って解説いたします。

    ISOファイル作成ソフト
    インストールディスクの内容をパソコン上にごっそり読み込ませるために必要です。(ImgBurn、DVD Decrypter、Power2Goなど

    DVD-Rメディアと書き込みドライブ
    加工したものを1枚のDVD-Rに書き込むために必要です。

    Transcend 極薄ポータブルCD/DVDドライブ ブラック 外付けDVDドライブ スリム 2年保証 ノートパソコンに最適 [TS8XDVDS-K] lucky5days

    価格:2,680円
    (2016/5/22 15:50時点)
    感想(104件)

    HDDR47JNP100【税込】 HI-DISC データ用 16倍速対応DVD-R 100枚パック 4.7GB ホワイトプリンタブル ハイディスク [HDDR47JNP100]【返品種別A】【RCP】

    価格:1,580円
    (2016/5/22 15:57時点)
    感想(37件)




    ■作業手順


    1.Windows7インストールディスクをパソコンに取り込む。
    2.ツールを使用して加工する。
    3.加工したものをDVD-Rに書き込む。


    1.Windows7インストールディスクをパソコンに取り込む。


    まずはWindows7 Home Premiumのインストールディスクを挿入し、インストールディスクの中身をそのままごっそりパソコンの中に取り込みます

    このインストールディスクを挿入する際には、「ビット数」に注意します。今回はDELL Latitude E6500に対して64bit版のWindows7 Ultimateをインストールしたいので、64bit版のインストールディスクを挿入します。
    ※もしも32bit版のWindows7をインストールしたい場合は、32bit版のインストールディスクを挿入します。

    64bit版Windows7 Home Premium
    64bit版Windows7 Home Premium


    挿入後はPower2Goなどを利用して、ディスクの内容をISOファイル化して保存します。
    ※ISOファイル→CDやDVDの内容をファイル化したもの。

    ISOファイル作成中
    Power2Goでファイルを読み込んでいる様子。


    作られたISOファイル
    作られたISOファイル



    2.ツールを使用して加工する。


    先ほど作成されたWindows7 Home PremiumのDVDイメージ(ISO)ファイルの中には、EI.cfgというファイルが存在します。
    Windows7をインストールする際には、このEI.cfgというファイルを自動で確認し、Home Premiumエディションをインストールするのか、Professionalエディションをインストールするのかなどを制御しています。

    逆に、EI.cfgのファイルがない場合はどうなるかというと、インストールの際にどのエディションをインストールするかを選択する画面が出てくるようになります。
    この仕組みを応用すると、ISOファイルの中からEI.cfgを消すことで、インストールするエディションを自由に選択できるDVDイメージが作成できることになります

    そのEI.cfgをISOファイルの中から消すツールは、こちらからダウンロードできます。これを1度実行するだけで加工完了です。

    <使用方法>

    1.ダウンロードしたものを開くと、4つファイルが出てきます。ここでeicfg_remover.exeを実行します。
    isocreate3.png

    2.先ほど作成されたISOファイルをダブルクリックで選択します。
    isocreate4.png

    3.「ei.cfg removed.」と出たら成功です。
    isocreate5.png


    3.加工したものをDVD-Rに書き込む。


    ISOファイルの加工が完了したら、DVD-Rに書き込みます。
    先のPower2Goでも書込できますし、Windows7/8/8.1の環境で作業されていれば、Windowsイメージ書き込みツールを使用して書込することもできます。

    以上で作成そのものは完了です。あとはインストールを行うパソコンに挿入して作業を進めていくうちに、どのエディションをインストールするかの選択画面が出てきますので、そこでUltimateを選択するなどしていきます。

    ■DVD-Rの代わりにUSBメモリを活用する方法


    上記手順では、加工したISOファイルをDVD-Rに対して書き込みしていますが、代わりにUSBメモリを使う方法もあります。

    1.上記STEP1の手順で、Windows7のDVDを読み込ませてISOファイルを作成する。
    2.空のUSBメモリを接続する。(4GB以上の容量のものを推奨)
    3.Rufusを使用して、1のISOファイルをUSBメモリに書き込む。※
    4.EI.cfgをUSBメモリの中から手動で削除して完成。(USBメモリを開いたところにあるsourcesフォルダ内にそのファイルがあります)

    ※Rufusで書込する際は、下記の画像のとおりに設定してください。
    ※「ブートディスクを作る」にチェックを入れると「ISOイメージ」という項目を選択できます。その右側のボタンを押してから、1で作成したISOファイルを選択頂きます。

    Rufus.png


    ■こうして・・・


    こうして、Windows7 Ultimateのクリーンインストールを、DELL Latitude E6500に対して行うことが出来ました。電池パック裏に貼られていたCOAラベルからシリアルキーを確認・入力後、オンラインであっさりとアクティベーション成功しました。

    必要に応じてご活用ください。

    posted by アドミン at 17:07 | Comment(16) | TrackBack(0) | テクニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    この記事へのコメント
    こんにちわ・・はじめまして・・

    ブロダクトキーはアルティメット用だから使用できたのですか?
    それとも7のエディション全てに使用できるのですか?
    Posted by at 2014年07月23日 19:02
    コメントありがとうございます。

    DELLのLatitudeに付いていたプロダクトキーはUltimate用です。
    なので、Ultimate用のプロダクトキーを通してHome Premiumをインストールすることはできませんし、逆にHome Premiumのプロダクトキーを使ってUltimateをインストールすることもできません。

    つまり、
    Home Premiumインストール時にはHome Premiumのキーが、
    Ultimateインストール時にはUltimateのキーが必要となります。

    Home PremiumのディスクのイメージをPCに取り込んで、加工することで、Home Premium以外のエディションのインストールを行えるようにするというのが、この記事の目的です。
    加工して作成したディスクであればUltimateをインストールすることができます。DELLのLatitudeのUltimateのプロダクトキーは、加工して作成したディスクでUltimateをインストールしたから使えた…というわけです。
    Posted by アドミン at 2014年07月23日 22:05
    回答ありがとうございます・・・

    Ultimateのキーがありこの方法で加工ディスク作成しそれを使ってインストールすればUltimateをインストールできるということですね・・
    bitは関系ないんですかね・・32のを64で使ってるので・・・

    使用済みのインストールディスク加工・・作成しブロダクトは別のものを使ってインストールしても認証はできませんよね・・・


    Posted by at 2014年07月23日 23:15
    コメントありがとうございます。
    何か再インストールにチャレンジされようとしているみたいですね。

    お手元にあるWindows7のディスクは何ビットのものですか?32bitのディスクを入れて加工すると32bit版の加工ディスクが、64bitのディスクを入れて加工すると64bit版の加工ディスクが作れます。

    加工したインストールディスクは何回でも使用できます。なので、Windows7のライセンスキーが貼られたPCであれば何台でも、この加工ディスクを用いて再インストールできます。
    再利用が難しいのはライセンスキーであり、ディスクではありません。

    >使用済みのインストールディスクを加工
    >ブロダクトは別のものを使ってインストール
    →ライセンスキーが有効であれば認証は通ります。
    Posted by アドミン at 2014年07月23日 23:30
    追伸

    ライセンスキーを通す際、ビット数は関係ありません。
    なので、Ultimateのライセンスキーが書いてあれば、32bit版のUltimateをインストールしても、64bitのUltimateをインストールしても認証は通ります。
    Posted by アドミン at 2014年07月23日 23:33
    ありがとうございます・・
    詳しく書いていただき感謝します・・(^^♪
    Posted by at 2014年07月23日 23:43
    ei.cfg removed.が出ても消えなかったので一応報告
    Posted by test at 2015年01月20日 01:21
    test様

    isoファイル内のei.cfgを削除する際、プログラムは管理者として実行する必要があります。
    また、作業に使用していたOSなど、具体的な情報があればお知らせくださいませ。

    なお、当方でWindows7やWindows8の環境でテストし、正常にei.cfgが削除できることを確認して掲載しております。ご確認くださいませ。
    Posted by アドミン at 2015年01月20日 05:18
    はじめまして、全エディション統合できましたが、
    Win7Pro 86X ですが、
    ・Ultimate
    ・Professional
    ・HomePremium
    ・HomeBasic
    ・Starter
    って、なります。Enterpriseがないです?
    それと、Win8のProto,Enterprise統合エディションも教えてください
    Posted by hrm at 2015年02月09日 00:34
    hrm様
    コメントありがとうございます。

    記事にはあえて書いていませんでしたが、Enterpriseエディションは主に研究開発者向けのエディションとなっており、一般的に販売されているものではありません。今回作成できるディスクでEnterpriseエディションはインストールできませんが、評価版をこちらからダウンロードできます。
    https://technet.microsoft.com/ja-JP/evalcenter/dn407368

    Windows8.1や8.1 Proのインストールディスクの作り方については、とりあえずei.cfgを操作するということが必要になってきます。詳しいことは近日中にアップしてみますが、UEFIモードで動かせないなど、重大な制限事項もあります。
    Posted by アドミン at 2015年02月09日 08:39
    はじめました、全エディション出来ましたが、何故か?こちらの、Win7-Proだと
    ・Ultimate
    ・Professional
    ・HomePremium
    ・HomeBasic
    ・Starter
    に、なります。OSの種類が違うのでしょうか?
    Posted by hrm at 2015年02月09日 15:31
    はじめまして。成功しましたが、こちらのOS,Win7-Proだと、中身が
    ・Ultimate
    ・Professional
    ・HomePremium
    ・HomeBasic
    ・Starter
    と、なりました。OSの種類がちがうからでしょうか?



    Posted by hrm at 2015年02月09日 15:39
    はじめまして、成功しましたが、こちらの、Win7-Proだと、中身が
    ・Ultimate
    ・Professional
    ・HomePremium
    ・HomeBasic
    ・Starter
    になりました。OSの違いでしょうか?
    Posted by hrm at 2015年02月09日 15:44
    hrm様
    コメントありがとうございます。繰り返し同じ内容が書かれておりますが、間違いでしょうか。

    どのOSインストールディスクを用いたとしても、当該記事のとおりに作成を行うと、
    ・Ultimate
    ・Professional
    ・HomePremium
    ・HomeBasic
    ・Starter
    のいずれかのエディションを選べるようになります。Enterpriseエディションを選択できるディスクは作れませんので、先にコメントしたURLからダウンロードを行われることおおすすめします。
    Posted by アドミン at 2015年02月09日 15:45
    丁寧なご指導ご解説ありがとうございました、それと、すみませんでした、何故か、書き込んだPCを後から見るとコメントが消えます、他のPCから見ると有りました、、そのため勘違いして重複してしまいました。すみませんでした
    Posted by hrm at 2015年02月09日 21:18
    hrm様
    コメントありがとうございます。

    恐らく最新情報を参照しきれていなかったためでしょうね。ページを更新するか、CCleanerでインターネット一時ファイルを消去すると解決すると思われますのでお試しください。
    Posted by アドミン at 2015年02月09日 21:29
    コメントを書く
    お名前:

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント:

    認証コード: [必須入力]


    ※画像の中の文字を半角で入力してください。
    この記事へのトラックバックURL
    http://blog.seesaa.jp/tb/385018626
    ※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

    この記事へのトラックバック
    Windows-8-key  Windows-8.1-key  Windows-8-pro-key  Windows-8.1-pro-key  Windows-7-Professional-key  Windows-7-Ultimate-key  Windows-7-Home-Premium-key  Windows-7-Home-Premium-key1  Windows-8-Pro-key2  Windows-8.1-key2  Microsoft Office Standard 2010  Microsoft Office Standard 2013 sp1